次のイベントは6/11! 詳細はこちら

2月のTokyo Indies

2019-04-12T20:46:23.986+0900

2月のTokyo Indiesではブロックもスナイパーも戦争もありました。

告知

  • Google社による「Indie Games Festival 2019」が開催されます。 募集に関するセッションなどを含めたキックオフイベントが3/2(土)に行われるので、興味がある方は参加登録するとよいかもしれません。

  • 2/23(土)に「東京電脳特区v0.1」が開催されます。 新しいインディーズゲームイベントが渋谷の青山蜂で行われます。開発者が主体となって運営していく方針とのこと。

プレゼンテーション

Untitled block-clearing puzzle game (Dave Hoffmanさん) 。菱形ブロックを消していく落ちものパズルゲームです。 同じ色のブロックが3つ以上並ぶと消えますが、ブロックが斜面を滑り落ちるところがユニークです。

HEROINE OF THE SNIPER (kidoさん)。パズル感覚の5分程度のステージがいっぱいあるFPS。FPSでありながら主人公が見えるのは斬新。

ジグザグペイント (tatmosさん)。LED基板上をジグザグに動く光を使って、光の文字を描く電子工作ゲームです。手元のボタンを押している間に点灯したLEDはそのまま点灯し続けます。

レトロゲームエイリアンズ (gtozkaさん) 。開発中のレトロフューチャーなアドベンチャーゲームです。開発は初期段階とのことですが、80年代のアドベンチャーゲームへのリスペクト溢れるゲームになりそうです。

WAR of Zodiac (Yuki Oginoさん)。 ミニオンとキャラクターユニットを上手く使ってタワーを奪い合う対戦型ゲームです。まだまだ開発中とのこと。

YIIK:A Postmodern RPG (丸山ミカさん)。1月31日に日本国内でもリリースされたJRPGスタイルのゲームです。Steam, PS4, NintendoSwitchで遊べます。舞台は1999年。主人公アレックスの虚構と現実が入り混じった体験が、サイケデリックに表現されています。プレゼンターの丸山ミカさんは楽曲制作に参加されています。

今月のプレゼンは以上でした。来月また遊びましょう!🎮